厄払いに全国からたくさんの人が訪れているようです。

三峯神社はオオカミ信仰の神社になります。神社では珍しく3つの鳥居があり、その横に狼の柏犬があります。鋭く獲物を狙うような表情をしながら凛々しい体つきの狼が神社を守っています。昔から狼は何か憑いているものを追い払い悪運を断ち切る生き物だと言われていて、厄払いに全国からたくさんの人が訪れているようです。三峯神社は標高が1102メートルの場所にあり、最も神に近い神社と呼ばれています。標高が高いだけに境内に入ると清らかな空気を感じることができます。目には見えませんが不思議なパワーを感じることができます。晴れた日に行くのもいいですが、少し雲がかかっている時に行くと霧が出てきてとても神秘的な光景が広がります。三峯神社では「霧=狼」という言い伝えがあって、霧が出た日は神様が現れやすいと言われています。不思議な現象が起こるそうです。
埼玉県秩父市三峰298-1 [map lat="35.9250946" lng="138.93039" width="800" height="600"]