八ツ房杉は神武天皇が大和平定のために戦に備えていた時に植えられた杉だと言われています。

国の天然記念物にも指定されている立派な杉です。株から八本の幹が絡み合い、またそこから分かれているというとても不思議な形をしています。樹木の表皮はとても綺麗な紅色をしています。ぜひしていただきたいのが、八ツ房杉の下に立ち見上げることです。そうすると存在感をより一層感じることができて圧倒されること間違いなしですし、パワーを体全体に取り込むことができます。八ツ房杉がある桜実神社の周りには大きく育った千本杉や又兵衛桜など見応えある大きな木がたくさんあります。
奈良県宇陀市菟田野佐倉764 [map lat="34.4432159" lng="135.97677109999998" width="800" height="600"]