銭形砂絵

銭形砂絵
銭形砂絵

銭形砂絵は寛永通宝というお金をモデルにしているので、そのご利益はもちろん金運アップです。

観音寺市にある銭形砂絵は縦が122メートルで横幅が90メートルもあります。楕円形をしていますが、琴弾公園の山頂にある展望台から見ると真ん丸に見えるという巨大な砂絵になります。銭形砂絵は寛永通宝を模していて、作られたのは300年以上前になります。当時の丸亀藩の藩主が領内を見回っていた時、領民が藩主を歓迎するためたった1晩でこれを作り上げ藩主に捧げたそうです。銭形砂絵は寛永通宝というお金をモデルにしているので、そのご利益はもちろん金運アップです。 [cc id=5875]

香川県観音寺市有明町(琴弾公園内) [map lat=”34.1322222″ lng=”133.6433333″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。