長い長い戦いの中で勢いが劣っていってしまった平家が自らの勝利を成就させるため祈り願って作られたのがこの神社になります。

美馬市にある剣山の山頂にあるのが剣山本宮宝蔵石神社で須佐之男命と大山積神と安徳天皇が祀られています。安徳天皇は平安時代の終わりに源平合戦により命を落とした天皇です。壇ノ浦の戦いで敗北した平家の二位尼が安徳天皇をつれて水に身投げしたといわれています。長い長い戦いの中で勢いが劣っていってしまった平家が自らの勝利を成就させるため祈り願って作られたのがこの神社になります。剣山にはその強い力に比例して不思議な言い伝えが色々とあります。社名にある宝蔵石というのは神社の裏にある大きな岩になり、岩の中には宝が隠されていると言われてきました。安徳天皇が剣を岩の中に収めたともいわれており、一方では埋蔵金があるとも言われています。剣山本宮宝蔵石神社は厄除けや除災招福のご利益があるそうです。
徳島県美馬市木屋平 [map lat="33.9072561" lng="134.1815176" width="800" height="600"]