厳島神社のご利益としては金運や健康運を授かれるといわれています。

厳島神社はもともと宮島の豪族といわれた佐伯鞍職が神のお告げを受けて御笠浜に社殿を建てたのが始まりだと言われています。平安時代に平清盛らの平家一門の守護神となりましたが、平家一門が滅びてしまった後は源氏など権力者から崇められてきました。その間2回の火災に巻き込まれ建物が焼けてしまいます。そして今の厳島神社は770年以上も前に建てられた建物になります。戦国時代になると神社の権力も弱くなりましたが、戦国の武将である毛利元就が勢力を広げて厳島一帯を支配下に納めた事で再び神社の権力を取り戻すことに成功しました。
広島県廿日市市宮島町1-1 [map lat="34.2959751" lng="132.3198316" width="800" height="600"]