鰐淵寺

鰐淵寺
鰐淵寺

境内は自然に溶け込むような幻想的な空間になっています。

島根半島の西側にある北山の中にあるのが鰐淵寺になります。室町時代までは修験道として知られていましたが、今はひっそりと佇むお寺になっています。松江で産まれた武蔵坊弁慶が様々な伝説を残した場所としても知られていて、とても綺麗な自然に囲まれているのが鰐淵寺の特徴です。境内は自然に溶け込むような幻想的な空間になっています。鰐淵寺は紅葉の名所としても知られていて、11月になると境内は綺麗な紅葉に包まれ見頃になります。そんな境内で見ることができるのがイロハモミジです。キレが深く小さな葉っぱが特徴です。さらにもみじがトンネルになっている光景は言葉がでないほど美しいです。 [cc id=5874]

島根県出雲市別所町148 [map lat=”35.4230751″ lng=”132.7487866″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。