昔から山岳信仰が盛んに行われてきた土地だといわれていて、神様と仏様を結びつけて信仰の対象にしていたそうです。

明治時代になり神様と仏様を分けて考えるようになった時に、由加山でも由加神社本宮と由加山蓮台寺が分けられて隣同士になったといいます。どちらがメインなのかは考えないようで、どちらも由加山と呼ばれています。祭神になっているのは瑜伽大権現と彦狭知命、神直日神になります。瑜伽大権現は阿弥陀如来や薬師如来の化けた姿だといわれています。日本の三大権現にもなる格式高い神様で、日本のあちこちに末社があるようです。
岡山県倉敷市児島由加山2852 [map lat="34.505926200000005" lng="133.8510522" width="800" height="600"]