御神体になっている赤鬼山は奈良にある大神神社の御神体の三輪山と同格です。神様が宿る山と言われています。

す。そんな朝倉神社の後ろにあるのが御神体となっている「赤鬼山」です。弥生時代に使っていた土器や古墳時代後期の朝倉古墳などが見つかっているため豪族が栄えていた土地だと言われています。御神体になっている赤鬼山は奈良にある大神神社の御神体の三輪山と同格です。神様が宿る山と言われています。赤鬼山が昔から御神体と崇められているのはシンプルに山自体のパワーがとても強いためです。そのため朝倉神社からは色々な強力なご利益を授かることができます。
住所:  [map lat="33.553596999999996" lng="133.48175" width="800" height="600"]