ショップで働いていました。簡潔に。通路にゾンビのようなおじいさんが歩いていました。のっそりと歩いて、よく見たら顎のところが溶けているのか、けがをしていて、こちらから見ると、剥がれて歯茎や葉が見えてしまう様子。事故にあった後のような服の汚れ、破けでした。匂いもなし。

通路付近で、いらっしゃいませ。と声をかけていたら、そのおじいさんが、ゆっくりと歩いてきました。怪我をした様子に渡した当時のフロアマネージャーが驚き、後ろ姿まで目で追って見てしまいました。が、周りのお客様はその人に気がつくことなく、そのひともスロープを下り、歩いていってしまいました。地も落ちていたと思うのに、床は汚れていなく、腐敗臭もあってもいいぐらいの見た目なのに、なにもありませんでした。今でもあれがなんだったのか、とても気になります。8年前ぐらいの出来事です。
東京都豊島区南池袋1-28-1 [map lat="35.72766749999999" lng="139.71148159999998" width="800" height="600"]