高岡市野村殺人事件

noimage

2013年12月10日午後8時45分頃発生。会社役員の男性(52歳)が自宅駐車場で何者かに刃物で刺され殺害された事件。犯人の目撃情報もあり、すぐに解決するかと思われたが未だに未解決。

12月10日午後8時45分頃、富山県高岡市野村、会社役員、浜谷輝夫さん(52)が自宅駐車場で血を流して倒れているのを妻(51)が見つけ、近隣住民を通じて110番した。浜谷さんは病院に搬送されたが、死亡が確認された。刺された傷があり、富山県警は殺人事件とみて捜査を始めた。県警によると、浜谷さんは左右の肩付近を刺されていた。顔面や手のひらにも抵抗した際に付いたとみられる切り傷があった。妻が「おい」という大声に気付いて外に出ると、浜谷さんが血を流して倒れていた。浜谷さんは同日午後8時半ごろ、勤務先を出ていた。帰宅時に襲われており、県警は犯人が自宅周辺で待ち伏せしていた可能性があるとみている。また、通報した住人とは別の住民が黒っぽい服を着た背の高い男が逃げていくのを目撃。現場周辺で凶器が見つかっていないことから、県警は犯人が持ったまま逃走したとみている。浜谷さんは同県内のメーカー役員。地域では、出身高校に天体望遠鏡を寄贈するなど天文好きとして知られていた。今年7月に自宅から現金数十万円と貴金属類を盗まれる窃盗被害に遭っている。2014年に不審車両の車種を特定するも発見に至らず、複数犯の犯行ではないかとみられている。未だに未解決。犯行現場となった自宅は取り壊されている。[cc id=5872]

富山県高岡市野村[map lat=”36.7438476″ lng=”137.0370195″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。