1979年1月21日畑のビニールハウスで女性が強姦され殺害された。

1979年1月21日に、大阪府貝塚市の畑のビニールハウスの中で女性Xが強姦され殺害された。殺害された女性の内縁の夫Y(当時31歳)は、警察の捜査とは別に事件の調査を行う。1月23日昼、顔見知りの少年(当時18)と出会った時、いつもと異なりYと顔をそむけ合わせようとしなかったので、何かあると思い、2日後、少年を近くの海岸まで連れ込み、殴りながら尋問。怯えた少年Aは「仲間4人とビニールハウスへ行き、殺害した」と自供。Yは告白メモに血判させ、捜査当局に提出した。1月27日、捜査本部は5人を逮捕した。21歳の男性を除き、残り4人はいずれも18歳で、地元では不良グループと見られていた。5人はアリバイを訴えたが受け入れられず、拷問に近い尋問で犯行を自供。物的証拠は存在せず、逆に女性に残された精液、唾液、頭髪から割り出された血液型は5人とも一致しない。彼らの掌紋と靴底紋は、「犯行現場で採取された指紋、掌紋、靴底紋」と異なる。被疑者A、B、C、D、Eが所有していた靴には、犯行現場の土と一致する成分は検出されていない。以上の理由から、被疑者A、B、C、D、Eが犯人でないことは物証の不一致により証明されていた。警察官は前記の物証の不一致は一切無視して、報道機関にも公表しなかった。
大阪府貝塚市[map lat="34.437583700000005" lng="135.358517" width="800" height="600"]