1993年4月に発生した偽札事件。犯人の特定・逮捕に至らないまま未解決事件となっている。

1993年4月11日に京都府京都市下京区のJR京都駅の券売機で2枚の偽1万円札が発見された。これを契機に、同月25日までに大阪府、滋賀県、京都府、奈良県の4府県で、駅の券売機や銀行の両替機など23カ所駅で計506枚が発見された。 この偽札は見た目の精巧さで人間を騙す従来の偽札とは異なり、磁気インクを使って両替機などの機械を通過させるタイプの偽札で、この手の偽札は日本では初めてだった。

京都府京都市下京区東塩小路高倉町8[map lat="34.9847972" lng="135.76081069999998" width="800" height="600"]