2007年(平成19年)1月15日に京都市左京区で発生した殺人事件。犯人は検挙されておらず、2018年現在も未解決。

2007年1月15日午後7時50分頃、京都精華大学マンガ学部1年生の男性(当時20歳)が、学校から自転車で帰宅している途中に京都市左京区岩倉幡枝町の歩道で鉢合わせしたところで口論になったとみられ、20 - 30歳位の男に小型の刃物(幅約1 - 2cm)で胸や腹など全身十数か所を刺され、死亡した。直後に第一発見者の通行人が発見した時には被害者には意識があり、刺されたことを伝えて通報を頼んでいた。午後7時52分、事件現場に到着した京都市消防局救急隊員によって病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。第一発見者が事件現場を自転車で通過したとき、不審な男が畑に背を向け車道に座り込み、その後ろの畑に人が倒れているのを目撃。気になったので30秒後に現場に戻ると、男の姿は既になく、代わりに被害者が携帯電話を横に血を流し座り込んでいた。現場は京都精華大学の南東およそ600メートル、叡山電鉄木野駅から南に約100メートルの閑静な住宅街で、容疑者の男は大学生に向かい大声で暴言を吐き、興奮していた。男が興奮していた理由は不明だが、当時被害者は自転車で歩道の右側を走っており、男は左側を走っていたところで鉢合わせになり、自転車の通行を巡って口論になったためとみられ、そこで激昂し殺害に至ったのではないかとみられている。
京都府京都市左京区[map lat="35.0485688" lng="135.7785475" width="800" height="600"]