1975年(昭和50年)4月2日三重県で起きた強盗殺人事件である。後に起訴された被告は無罪判決が下され確定。事件は迷宮入りして未解決事件となった。

四日市青果商殺人事件は、1975年(昭和50年)4月2日に三重県四日市市室山町の県道に停車していた車に男性の遺体が発見されたことで発覚した。遺体は多数の刺し傷があり、現場の南側には現在は廃線となった近鉄八王子線があり、近くに室山駐在所があった。解剖の結果、死因は鋭利な刃物による刺殺で死亡推定時刻は3月31日頃と判明した。三重県警察は四日市南警察署に捜査本部を設置した。被害者から現金85万円が発見されなかったため、強盗殺人として捜査を開始した。そして事件当時金に困っていた有力容疑者を詐欺容疑で別件逮捕し、強盗殺人についての取り調べも行われた。被告人はまず1974年(昭和49年)10月に50万円の小切手一通をだましとったという詐欺容疑について認めた。強盗殺人事件について当初は否認していたものの、その後一部を認めた。そして長時間の取り調べの中、否認と自白を繰り返し、検察は強盗殺人と詐欺の容疑で起訴した。
三重県四日市市室山町