1971年(昭和46年)8月13日の朝、運転手の下条忠敏さん(当時33歳)が死亡しているのを、通りがかった男性が発見し警察に通報した。

下条さんは首など全身8か所あまりを刺されて運転席で血まみれの姿で死亡しており、売上金を入れた袋が無くなっていた。(袋は後に付近の河川敷で現金を抜き取られた状態で発見された) 13日深夜0時頃、下条さんのと思われるタクシーが若い2人の男性を乗せたとの同僚による目撃情報がある。また、事件数日前から黒い車を走らせながら下条さんが勤務する会社のタクシーの車内を、運転手の顔を確認するように覗き込むヤクザ風の男がいたことが運転手たちの間で話題になっていたという。 このことから警察は強盗だけでなく、怨恨の線も視野に捜査を続けたが、犯人が判明しないまま時効を迎えた。
大分県大分市四号地