駅とは反対側を流れてる大岡川でも大量の戦死者が出たせいか、今でも助けを求める幽霊が現れるそうです。

昭和20年5月29日アメリカ軍は横浜を空襲。絨毯空爆でたくさんの人が黄金町駅に避難したところをB29が大量の焼夷弾を落とし、600人以上の人がここで焼け死んだ。死体は駅前の広場に一時期的に保管され、戦後そこに建物を建てようとしますが、不思議な現象が何度も起き、基礎工事でとん挫。さらに土地所有者や建設会社までもが不幸に見舞われたようです。現在ここは駐車場になっており、心霊現象が起きないようにお地蔵さんが建立されてます。
神奈川県横浜市南区前里町1丁目25