ネオ・アミューズメント・ガロパ

ネオ・アミューズメント・ガロパ

今は廃墟となっているボーリング場の跡地なのですが、ガロパとして営業していた当時も、夜中になると頻繁に霊を目撃する従業員もいて、気味悪がり辞めていく人も多かったそうです。また、建物の壁には、大きな目玉のデザインがありかなり不気味です。

新潟市中央区の廃墟になったアミューズメント施設は、廃墟になってからというもの、この施設内での自殺者が多く発生し、その怨霊が漂っていると言われます。[cc id=5874]

新潟県新潟市中央区紫竹山5丁目1?20[map lat=”37.898278499999996″ lng=”139.06772809999998″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。