鈴が森刑場跡

鈴が森刑場跡
鈴が森刑場跡

江戸時代の刑場跡ですので、着物姿の霊が多いと言われています。また、首洗いの井戸と呼ばれる井戸があり、そこに生首が浮かぶという噂もあります。

1651年に開設され1871年に閉鎖されるまでの220年の間に、10万人から20万人もの罪人が処刑されたと言われている。有名なところでは、平井権八や天一坊、八百屋お七といった人物がここで処刑された。[amazonjs asin=”4865371354″ locale=”JP” title=”どんな不幸が訪れるのか ?恐怖の心霊実験 (鉄人文庫)”]

東京都品川区南大井2丁目7?3[map lat=”35.5916062″ lng=”139.7366478″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。