昼間でもオーブが撮れる。鳥居をくぐると呪われる。といった噂がある。

かつて源頼光らによって征伐された「酒呑童子」の首が埋められた場所として言い伝えられている。なお「酒呑童子」とは、当時の京都付近で暴挙の限りを尽くした日本史上で最強の“鬼”。首塚は首から上の病を治療するとも言われており、首や頭部の病を抱えた人々が訪れるとのこと。昼間でも人通りは少ないが夜になると不気味さが一層増す。

京都府京都市西京区大枝沓掛町[map lat="34.9774606" lng="135.66414630000003" width="800" height="600"]