韓国が軍事情報包括保護協定のGSOMIAの破棄示唆したこと、そして、日本が韓国への輸出優遇であるホワイト国指定を外したことなどで日韓関係は悪化しています。

このきっかけのひとつが韓国が慰安婦問題の次に問題にしている「徴用工」問題です。

徴用工と徴用工問題ってそもそもなに?

画像:Pixabay

徴用工とは、第二次世界大戦(大東亜戦争)のときに日本が統治していた韓国や中国の一部で企業により徴用が強制的に行われたとする韓国の主張に基づく一連の活動や訴訟のことを差しています。

韓国は、日本の当時の統治は違法な占領であったと主張しており、徴用は強制的で奴隷のように扱われたとしてお得意の「謝罪と賠償」を求めています。韓国国内では元徴用工によれ損害賠償請求訴訟が提起されており、被告となる企業は70社以上を超えています。

そして、韓国の裁判所は2018年10月30日の判決で、日本製鉄に対して徴用工1人あたり1億ウォン(日本円にして約1000万円)の損害賠償を支払う判決を出しました。

日本政府の抗議

日本政府の立場は「徴用工のすでに解決済み」というもので、この判決にたいして抗議しました。

外務省のホームページでは大韓民国大法院による日本企業に対する判決確定について

10月30日の判決に引き続き,本29日,大韓民国大法院が,三菱重工業株式会社に対し,損害賠償の支払等を命じる2件の判決を確定させました。これらの判決は,日韓請求権協定第2条に明らかに反し,日本企業に対し一層不当な不利益を負わせるものであるばかりか,1965年の国交正常化以来築いてきた日韓の友好協力関係の法的基盤を根本から覆すものであって,極めて遺憾であり,断じて受け入れることはできません。

引用:外務省ホームページ 外務大臣談話

と、受け入れない姿勢を明確にしています。

画像:Pixabay

外務省がこのような談話を発表したのにはわけがあります。

慰安婦問題の記事でも紹介しましたが、徴用工問題については1965年の日韓請求権協定ですでに解決済みの問題で、

『両締約国及びその国民』『財産,権利及び利益並びに両締約国及びその国民の間の請求権』『完全かつ最終的に解決された』としているのです。韓国はこの協定に同意しているので、今更徴用工問題で金銭を請求することはできないのです。

完全かつ最終的に解決された…ものを今になってまた蒸し返しているのが徴用工問題そして、慰安婦問題の根源なのです。

韓国が認めたくない事実は、もしかするとこの【完全かつ最終的に解決された】という協定かもしれません。

 

そもそも徴用工は強制的な奴隷労働だったの?

すぱもん

あのさ、働いてた人はいたと思うんだけど、奴隷労働だったの?

Miiko

それがどうも違うらしいんだよね

すぱもん

えっ、そうなの…

Miiko

ちゃんとお給料もあったし、自由意思で来た人もいたんだって

すぱもん

それって、慰安婦とおなじじゃん!普通に働いてるだけじゃん

 

日韓請求権協定で『完全かつ最終的に』解決した徴用工問題ですが、慰安婦問題は証拠もなく捏造の部分もあったわけです。

では、徴用工問題はどうなのでしょうか。

徴用工の労働状態に関して、落星台経済研究所研究員の李宇衍氏は

賃金の民族差別はなかった

西岡力麗澤大客員教授は

奴隷のように酷使した事実はない

引用:iza

そして外務省は、「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに、戦時中の徴用労務者について」という談話の中で徴用工に関しては「事実と異なる部分がある」としています。徴用工の多くは自由契約によるものであったこと、そして、賃金の格差はなく、また、徴用に関しては日本人に対しても行われており不当な差別があったわけではない…。

つまり、奴隷のように扱われた!という事実はそもそもなかったのです。

つまり、徴用工も慰安婦もそもそも自由意思で働いたものだったのに、日本が戦争に負けたら韓国人は手のひらを返して「被害者」を演じ始めたというのが真実といっていいでしょう。これもまた韓国が認めたくない事実です。

参考資料:『朝鮮人強制連行の研究』(明石書店2003年)

高市早苗「「在日朝鮮人の渡来および引揚げに関する経緯、とくに戦時中の徴用労務者について」という外務省資料」

 

徴用工問題とGSOMIAとホワイト国の問題は関係がない

韓国がGSOMIAを破棄しそうになったこと、そして、そのGSOMIA破棄のきっかけとなったホワイト国指定についてですが、いろんな意見はありますが、日本政府としては「ホワイト国指定の解除は徴用工問題への報復ではない」としています。

そもそもホワイト国は「優遇措置」でしたので、それを外すということは"普通の状態に戻す"というだけのことです。これは制裁には当たりません。

GSOMIAはそもそも軍事的なものですから、ホワイト国指定に反発するための争点にはなりません。つまり韓国はホワイト国指定やGSOMIAなどに問題を拡大していますが、そもそも「信用できない国をホワイト国指定になんてしていけれないよね」ってのが日本の考え方でした。

それを"報復だ"と主張することそのものに無理があるのです。

まとめ

徴用工問題とそれに起因するかのように思えてしまう、GSOMIAやホワイト国の問題はまったく別の問題です。

徴用工に関しては奴隷のように扱った事実はなく自由意思で労働をした人もいました。また戦時中の徴用に関しては日本人に対しても行われていたもので韓国が主張する奴隷労働という事実はありません。

その上、日韓請求権協定ですでに解決している問題を韓国は今になって持ち出してきたのです…。なぜ韓国はこんなことをするのか…社会の闇が垣間見えるこの問題に関してはまた別の記事でご紹介していきます。