静岡県の心霊スポットとして、ご紹介させて頂くのは、錦ヶ浦です。
錦ヶ浦とは静岡県熱海市熱海にある景勝地として有名な場所なっています。

静岡県熱海市の心霊スポット【錦ヶ浦】の場所はここ

静岡心霊スポットとは思えない景観の良さ

静岡の伊豆の玄関として名を馳せており、魚見崎の南から約1キロメートルもの距離を断崖が続く景観となっています。
なお、静岡の魚見崎から錦ヶ浦経由して曽我浦までは約2キロメートルの距離となっています。

静岡の中では非常に美しい場所として知られており、朝日が顔を覗かせるときには、光が浦に降り注ぎ眩いばかりの五色の光を発して輝くことから、京の「錦織」のからその名称いただき、錦ヶ浦と称されるようになったのです。

また、静岡の歴史的にも非常に重要な土地として登場しており、熱海多賀火山の名残があり、源頼朝や加藤清正などの歴史上重要な人物に由来する伝承も存在しています。崖の高さについては、約80メートル程度あります。

荒波により生成された兜岩や基盤岩、烏帽子岩、弁天岩などの珍しい岩々がそびえ立っています。

静岡有数の心霊スポットになった所以とは

このように、静岡の景勝地として非常に有名な錦ヶ浦ですが、心霊スポットとしても有名なのです。

それは、自殺の名所として心霊スポット的に扱われているのです。

これだけの断崖絶壁です。飛び降りれば間違いなく命はないでしょう。
また、心霊スポットとして有名になっているのが、自殺者トータル数も相当であると噂されているからです。

一説によりますと、この心霊スポットでは、数百名もの自殺者がここで命を落としたと言われています。
静岡の自殺する場所であり心霊スポットとして有名な錦ヶ浦では、現地の断崖絶壁のそばに立つと、立ったものを引きずり込んでしまうかのようなうめき声が聞こえてくるといった話もあります。

まさに、心霊スポットとして恥じない噂ではないでしょうか。

自殺を志願していないにも関わらず、心霊スポットとしての力からか、亡くなった霊に引きずり込まれてしまい、断崖絶壁から飛び込んでしまったのだという話もあります。
まこの心霊スポットでは現世に恨みを持つものが多いからなのか、霊の数も非常に多いと言われているため、心霊写真が頻繁に撮影できると言われています。

今回は静岡県に位置する心霊スポットである錦ヶ浦について紹介させて頂きました。

不用意に近づくと、自殺した死者により断崖絶壁よりひきずりこまれてしまうかもしれません。
あまり不用意には近づかないことをおすすめしますが、心霊スポットに興味がある方は、静岡に来たときは自己責任で訪れてみては如何でしょうか。

静岡県の最恐心霊スポットランキングはコチラ→【テレビでも紹介】静岡県のヤバい心霊スポットランキング!