徳島県において、必ず心霊写真が撮れると噂される心霊スポットがあります。
それは、ホテルニュー鳴門という場所です。

徳島の心霊スポット、ホテルニュー鳴門の場所はここ

ここに至るまでの風景についてはかなり綺麗です。

徳島の気候が良い季節などは、ドライブコースおよびツーリングコースとして有名な鳴門スカイライン沿い心霊スポットとしてあります。その鳴門スカイライン沿いに心霊スポットとして有名なホテルニュー鳴戸は廃墟としてそびえ立っているのです。

徳島県の鳴門スカイラインとは、徳島県道183号線と同義となっています。
以前は徳島県の有料道路として位置づけされていたのですが、通行量が確保できず、徳島県の有料道路として機能しなかったため、現在では徳島県道として無料通行が可能となっています。

このことから、心霊スポットへも行きやすいと言えるでしょう。
推測になりますが、通行量が少なかったことから集客が見込めずに、徳島県の鳴門スカイライン沿いのホテルニュー鳴門についても廃業せざるをえなくなったのかもしれません。

徳島の心霊スポット、ホテルニュー鳴門の中は・・・

心霊スポットであるホテルニュー鳴門の敷地内の構成は、屋外トイレも含めて四つの建造物で構成されています。
主となる心霊スポットである建造物は、ホテルでとして位置付けられていますが、当時の利用目的施設としてはホテルだけではなく、ドライブインやレストラン、おみやげ購入店舗も併設されている施設として機能していました。

この建造物は、地上だけでなく地下も含めて構成されています。
5階に位置する部分については、当時はレストランであったと言われていますが、建造物としては長期間維持管理されていなかったことから経年劣化が著しく、鉄骨の一部のみが現存するだけで当時がレストランであったことを伺わせる雰囲気は全くありません。

心霊スポットであるホテルの機能を備えた建造物はしっかりと残っており、こちらも中を探索することが可能です。
このホテルにおいては火事が起こり、それを起因として経営難となってしまったことから経営者が自殺したとの噂もあります。

これが、心霊スポットとして有名にしている所以です。

ここで、大量の心霊写真が撮影できるとのことです。
オーブもしかりですし、自殺した女性の霊も目撃情報が多発しています。
厨房やトイレ、客室などのホテルの面影が色濃く残っている建造物となっていますので、非常に雰囲気としては怖いものとなっています。

心霊スポットの立地条件としては、徳島県道沿いと言うこともあり建造物の直近まで車で行くことが可能であるため、アクセスは非常にしやすいと言えるでしょう。
廃墟と化したホテルでの心霊スポットとして有名ですので、興味のある方は自己責任の名のもとに訪れてみては如何でしょうか。