日本には世界を代表する企業がたくさんあります。

その企業の中で有名な陰謀説は「家電製品タイマー」というものです。

ここでは具体的な企業名は避けますが、「ソ〇―タイマー」なんて言われたりすることがあります。

この都市伝説を簡単に言うと

日本人などが使っている家電製品は耐用年数を短く設定していて壊れるような仕掛けがしてある。

今回はこの家電製品タイマーという都市伝説をご紹介していきたいと思います。

存在は事実上否定されている

株主総会において社長が「家電製品タイマー」「ソ〇―タイマー」このような機能は存在しない。と社長自らこの機能の存在を否定しています。

株主総会という大きな場所でこのような都市伝説について言及するとは、知名度が高いということがわかりますね。

なぜこの都市伝説が生まれた?

この都市伝説が生まれた原因として、この会社で開発された製品はは他社の製品に比べ故障が多いことが大きな理由として挙げられます。

この会社で販売されている主力のゲーム機(〇laystationシリーズ)やパソコン機器においても欠陥箇所がたびたび発見されたり、耐久性の低い部品が使われていることが発覚したりと、消費者達の不満が重なり、このような都市伝説が誕生したとされています。

この会社は「〇peria」というスマートフォンも販売しています。

こちらの製品は購入してから2年経過すると電池パックの劣化により電池持ちが悪くなり、動作が重くなったり、本体が熱くなったりと不具合が多く発生しています。

しかし、これは「〇peria」に限った話ではありません。

高額な臨時収入

この会社は高い技術力を誇っており様々な開発をしています。

この家電製品タイマーは特許を取得しているらしく、一定の期間が経過すると家電製品タイマーが作動し、ゲーム機やパソコンといった製品が故障します。

一説では、電化製品のメーカー保証期間に基づいて設定しており、保証期間が過ぎたとたんに作動するようになっています。

故障することによって消費者達はメーカーの有料の修理依頼や新型の買い替えをします。

これが会社の狙いであり、この家電製品タイマーという機能のおかげで年間にして数億円もの臨時収入を得ているといわれています。

現実にあった家電製品タイマー

こちらは上記で話した会社ではありませんが、「Apple」では実際にこのようなタイマーが使用されていたのです。

毎年新作のiPhoneが出るたびに、自分のiPhoneの動作が遅くなったと感じる人が多くいました。

アプリのダウンロードや写真の撮影などを行っているため多少はあり得る話ですが、Appleについてのとあるうわさが流れたのです。

それは「新しいIOSを出すたびにわざと古い機種の動作を遅くさせ、新しいiPhoneを買わせようとしている」

もちろん最初は否定していましたが、Appleから公式の発表がありました。

「バッテリーの劣化とともに性能が落ちるようにしていた」

これを証明するように、ユーザーが動作スピードが遅くなっていると感じ、電池パックを新品に取り換えた結果処理スピードに改善が見られた。

このような超えが多数寄せられたのです。

この発表があってから民間団体に訴えられ100兆円の損害賠償請求をされているといわれています。

まとめ

いかがだったでしょうか?

実際に今回紹介した会社の製品を買った人は「何回も修理した」「買って1か月もたたないで壊れた」などといった意見も多数見受けられました。

もしかしたら本当にこの「家電製品タイマー」というものが組み込まれているのかもしれませんね。

iPhoneに関しては、都市伝説が本当に起こてしまったという感じがしますね。

もしかしたらあなたの家電製品又はiPhoneにもそのような家電製品タイマーが組み込まれているかもしれませんね。

[amazonjs asin="B010L576PA" locale="JP" title="パナソニック(Panasonic) タイムスイッチ 交流モーター式 AC100V用 24時間式 1回路型 TB171N"]