最近分かったことなのですが、 私の妻は、現在も霊的なチカラがあるようです。

私と妻は現在、40代後半ですが、 結婚当初、妻から霊を見る能力のような話をずいぶん聞かされましたが、 子どもが生まれるとともに、妻のその能力は失われたと思っていました。

ですが、先日… 「…実は、まだ普通に見えるの!」と。

…妻が話すには、現在中学生の長女が、怖がるといけないから 霊が見える能力の話は、夫の私にも、もう話さない…という考えようです。

そんな話の流れから、妻が職場で見た・感じた霊の話しをしたいと思います。

施設のリクライニング・シートに座る、黒い影

 

妻の職場には、身体が不自由な方が利用する リクライニング・シートがいくつかあります。

背もたれを後方に傾斜できる椅子のようなもので、 ベッドに備え付けられたものもあります。 数人部屋にも、複数完備されており、 ご高齢の利用者さんや、身体の不自由な方が上体を起こす時などに 重宝しています。

ある日、数人部屋でリクライニング・シートを使用されている 利用者さまの部屋で一緒に談笑している時のこと… 妻が何かを感じ取って…ふと、視線を隣の開いているリクライニング・シートに 目を移すと、なんとそこに 黒い人影のようなものが、リクライニングシートに座っていたそうです。

もちろん、談笑している利用者さまは…気づきません。

妻は、何事もなかったように、談笑を続けたそうですが、 談笑中、その黒い人影のようなものは、ほかの空いている リクライニング・シートへ移動したり、談笑している 利用者さんの上に座ったりしたそうです。 妻が言うには、「ひやかし」「からかい」のようなものだそうです。

…その黒い人影のようなものは、妻が霊が見える・感じることができる人間と わかって仕掛けてくる?そんな感じを受けたそうです。 そんな挑発にのってしまうことこそ、相手の思うつぼ…そう 思った妻は、知らぬ存ぜんを通したそうです。

しかし、こののち、妻が談笑していた利用者さんは 亡くなったそうです。老衰とのことでしたが…。

病室に3人の発光体…!

妻が見たり・感じたりする霊的現象?は 怖い話ばかりではありません。

職場で妻がよくお話する利用者さんで、とても上品で 徳がある高齢の女性がいらっしゃるそうです。 誰に対しても、優しい方で、みんなから好かれている… もちろん、現在もご健在です。

この女性の個室に訪れると、必ず… 3人の発光体が…いる!そうです。 男性なのか、女性なのかはわかりませんが… キラキラ輝いていて、白っぽいけど人のカタチをしていて その、利用者さんのそばに、いる…そうです。

この3人の発光体は、どうやら、個室の女性の守護霊のようで ご先祖様なのか、近しい方なのか…いづれにせよ 女性を守っているとのことでした。 …しかし、妻は、様々な体験をしていて、いまなお 霊的なものが見えたり、感じることが出来る…実際に 怖いとかないのだろうか?私は不思議に思います。

私だったら、居てもたってもいられず、どうにかなりそうなものを… いろいろな霊的な話を聞いた後でしたので、素朴にたずねてみました、 「お前は、霊を見たり・感じたりしているけど、怖くないのか?」と。

すると、妻は淡々と 「…だって、私にも守護霊がいるもの、もちろん…あなたにも!」 まぁ、聞いたことはあります…自分のご先祖様が3人くらいは 守ってくれている、そんな話。

しかし、実際には見たことがないので…。 ほとんどの方が私と同じだと思います。

私は勢い余って、妻に続けて聞きました。

「それじゃ、お前は…守護霊をみたことがあるのか?」 妻は、表情を変えることなくあっさり、言いました。

…そんなの、鏡をみれば、3人、映っているから」 どうやら、妻の霊を見る・感じる、不思議なチカラは 別格のような気がします。

[amazonjs asin="B07QC4P2H4" locale="JP" title="閲覧注意!激ヤバ!本当に怖い話"]