天才物理学者のアインシュタインをご存知でしょうか?もちろん知らない人は少ないと思います。

アインシュタインといえば、舌を出している写真が印象的ですよね。

あの写真の第一印象として、おちゃらけたおじさんのように見えるかもしれませんが、あの舌を出している理由としては、人類に対しての警告を示しているのではないか、という都市伝説があります。

今回はアインシュタインの警告について迫っていきたいと思います。

アインシュタインが舌を出している理由

アインシュタイン舌出し肖像画

アインシュタインは天才物理学者として、相対性理論を提唱し、現代の物理学の根底を覆すような発表をしたものすごい方なのです。

冒頭でも言った通りアインシュタインが舌を出して写っている写真はとても印象的ですよね。

舌を出している理由はいくつかありますので紹介したいと思います。

写真が嫌いだった

アインシュタインは写真を撮られることが嫌いだったそうです。

それもあり、人前でめったに笑顔を見せるということはなかったといわれています。

あの写真が撮られたのはアインシュタインの72歳の誕生日の時でした。

記者の依頼があり撮られたものなのですが、もともと写真嫌いだったこともあり、わざと「あっかんべー」と舌を出し写真が使い物にならないようにしたそうです。

ユーモアあふれる人だったから?

アインシュタインはユーモアあふれる人だったとという説があります。

確かに、写真だけを見ていれば非常にユーモアあふれるおじさんと思っても仕方がないと思います。

しかし、実際のところは全く違ったのです。

アインシュタインの性格は、かなり真面目で、おとなしい性格だといわれています。

そのため、この説は考え難いですね。

アインシュタインの人類に対しての警告

近未来都市(ニューヨーク)

これは、舌を出さしている理由にも含まれるのですが、アインシュタインは人類に対して警告を残していて、「人間はおろかな生き物だよ」と伝える意味を込めて舌を出しているという説があります。

では、アインシュタインは人類に対してどのような警告を残していったのでしょか?

アインシュタインは天才過ぎて、この世の果てを見てしまったといわれているのです。

そのため、アインシュタインは舌を出して「人間はおろかな生き物だよ」と伝えているそうです。

人類は100年周期で偉大な発明や発見しており、19世紀の最大の発明は「蒸気機関車」でした。

蒸気機関車の発明により、産業革命などが起こり、経済が発展していったのです。

20世紀の最大の発明は「核」です。

膨大の力を発生させる核という強力なエネルギー源を人類は発見することができたのでした。

今のところは不可能ですが核を使い太陽を作ることができ、もし技術が進歩し太陽が人工的に作れるようになると、人類は一生エネルギーに困ることはないといわれるほど強力なものを人類は開発したのです。

それでは21世紀は何なのでしょうか?

21世紀では「反重力装置」を開発するのではないかといわれているのです。

この装置は重力に反することができ、世の中にあるすべての物質が宙に浮く時代が来るかもしれないのです。

未来を描いたドラマ、映画、アニメでも見るように、車が宙に浮いていたり、簡単に空を飛んだりすることができる時代です。

これを聞くと、メリットしかない!と思われがちですが、反重力には恐ろしい力が秘められているのでした。

私たちが普段使用している道具などは、小さな世界で見ると分子と分子が連なって一つの物体になっています。

この物体の両端に反重力装置を置くと、いくら固いものでも重力に反する働きをするため、真っ二つに割れてしまうのです。

これを空気中で行ってしまうと、地球における重力の概念が覆されてしまい、「ビックバン」が起こる可能性があるのです。

人工でビックバンを起こせるような時代が到来するのです。

このような、人類の度重なる技術の進歩というのは、決して人類の助けになるものだけではなく、その進歩の裏には自らの首を絞めてしまう開発も多くあるということです。

人類が今後どのように歩んで行くのか?アインシュタインにはもう見えていたのでしょうか。

人類の偉大な発明
19世紀:蒸気機関車
20世紀:核
21世紀:反重力装置

まとめ

いかがだったでしょうか?

アインシュタインの舌出し写真とアインシュタインの警告の関係性について知ることができましたでしょうか?

最後におさらいしておきましょう。

[amazonjs asin="4794606141" locale="JP" title="アインシュタイン物語"]

アインシュタインが舌を出している理由
・写真嫌いだったから
・ユーモアあふれる人だったから
・人類の行く末を知り、それを伝えるため

アインシュタインをもっと知りたくなるような、内容でした。