【大阪最恐の心霊スポット】妙見山の処刑場跡地「しおき場」の歴史

大阪の北部に、京都府と兵庫県の県境にまたがる「妙見山(みょうけんざん)」という山があります。標高は高いものの初心者でも登りやすいため、登山の登竜門としても有名です。

実はこの妙見山の一角に、大阪最恐といわれる心霊スポットがあります。それが妙見山の北側にある江戸時代の史跡、「しおき場」です。

「しおき」というと、悪いことをした子どもに罰を加える「おしおき」を想像すると思います。ですが「しおき」とは、江戸時代には罪人を処罰することを意味します。

つまり妙見山のしおき場とは、江戸時代の処刑場の跡地なんです。

今回は大阪最恐といわれる心霊スポット、妙見山の処刑場跡地「しおき場」の歴史恐怖体験を紹介します。

▼本当の恐怖動画はこちら▼

    妙見山の処刑場跡地「しおき場」の場所と歴史

    「しおき場」は非常に入り組んだ山奥にあり、車で近くまで行き、歩いて入るしか方法はありません。

    入り口に鳥居があるのですぐにわかると思います。 小屋がある場所がしおき場(処刑場跡地)で、近くには霊を鎮魂するための慰霊碑が建てられています。

    しおき場のふもとにはが流れているのですが、この川は通称「首洗の川」と呼ばれています。この首洗の川も心霊スポットです。

    しおき場の歴史は、中世の戦国時代にまでさかのぼります

    かつてこの近くに2つの村があったのですが、長年争いが絶えず、多くの死者が出たといいます。

    荒れっぷりを見かねた当時の将軍「豊臣秀吉」は、「双方の村から代表者5人を選出して、交換処刑することで争いを治めろ」と命じました。

    その後、実際に各村から5人が差し出され、処刑されました。その場所がここ、しおき場のルーツだとされています。当時の慰霊碑は今も残されています。

    そして江戸時代末期~大正時代に入るまでの間には、実際に罪人を処刑するための処刑場が建てられていました。

    しおき場では罪人は主に、斬首もしくは磔(はりつけ)によって処刑されたといいます。

    斬った首はふもとに流れる川(首洗の川)で洗い、いわゆる「さらし首」にして、朽ち果てるまで放置されました

    霊能者もNGを出す!?大阪最恐の心霊スポット「妙見山のしおき場」

    妙見山の処刑場跡地「しおき場」は近畿ではかなり有名な心霊スポットなので、肝試しに行った人は当然数多くいます。

    しかしほとんどの人は「何か重苦しい」「圧迫感がある」「首が痛い」などの霊障をうったえ、霊感がなくても空気のよどみ具合に吐き気をもよおす人もいたとか。

    除霊や心霊スポットのロケを行うこともありましたが、多くの霊能者がNGを出したといういわくまであります。

    最近でも、心霊系YouTuberのウマヅラビデオさんと霊能者のクロ戌(黒戌仁)さんがしおき場を訪れたのですが……体調不良に見舞われてしまい、絶対に行ってはいけないと念を押していました。

    この処刑場、本当に罪を犯した人を処刑したのならいわば自業自得なのですが……残念ながら当時は、「無実の罪」で斬首される人がかなり多かったらしいです。 事件が発生して犯人が見つからなかった場合、犯人のかわりに「誰か」を処刑したというのです。

    そんな無念を抱えたまま死んだ者が多かったなら、しおき場が祟られるのも無理ありませんよね

    もししおき場に行かれる際には、必ずスニーカーやブーツなど、足元が滑りにくい靴で行くことをオススメします。 ぬかるみや腐った葉が多くあり、足元が滑りやすいからです。過去には、心霊スポット探検に行ったものの、谷底へ落ちてしまったという体験談もあります。

    偶然か、それとも祟りか……真相はわかりませんが、大阪最恐のお墨付きを貰っているだけはある場所です。くれぐれも、お気をつけを……。

    大阪府には、実際に恐ろしい事件があった心霊スポット「長居公園の公衆トイレ」や、隠れ心霊スポット「五月山」があります。どちらもオカルトオンラインでくわしく紹介しています。

    created by Rinker
    ¥110 (2020/10/05 16:45:17時点 Amazon調べ-詳細)

    大阪府の最恐心霊スポットランキングはコチラ→【本当に危険】大阪府の最恐心霊スポットランキング!

    created by Rinker
    竹書房
    ¥715 (2020/10/05 16:45:18時点 Amazon調べ-詳細)

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。