切断遺体が見つかった事件!「琵琶湖バラバラ殺人事件」

今回紹介する未解決事件は「琵琶湖バラバラ殺人事件」です。

この事件は2008年5月17日の早朝から6月23日に掛けて滋賀県近江八幡市の琵琶湖で発覚した殺人死体損壊事件です。

現在に至っても容疑者の特定・容疑者の逮捕には至っておらず今もなお未解決事件のままです。

この事件の概要

2008年5月17日に遺体の一部が琵琶湖で発見されます。

その後同一人物の他の部分が岸で発見されます。

2009年2月27日、警視庁は捜査特別報奨金に同事件を対象にします。報奨金の上限は300万円でした。

その後、2012年にいったん指定から外されますが、2014年9月9日に対象事件に再指定されます。

その後、2018年11月30日に滋賀県警は被害者男性の身元が判明したと公表します。

被害者は死体遺棄事件で検挙された男と草津市の建設現場で知り合い、事件前に草津市内の建設会社の寮で一緒に生活していたことがわかりました。

遺体発見

2008年5月17日、琵琶湖の湖岸緑地である岡山園地で早朝から釣りをしていた男性が漂流している人間の足を発見

即座に滋賀県警に通報します。

同日に捜査員が琵琶湖で足の一部を発見したほか、5月20日には頭部が発見されました。

さらに、6月22日と翌日の23日にかけて湖岸で両手首が見つかります。

鑑定の結果、すべての遺体のDNAが一致したことから、遺体はすべて同一人物のものだと断定されます。

死因は首を絞められたことによる窒息死とされたことから、県警は殺人・死体遺棄事件として捜査を開始するのです。

被害者の身元を調査するために複顔法(頭蓋骨の形状を元に、年齢や性別を加味して肉付けをする方法)を試み、似顔絵も作成し公開しました。

しかし、被害者の身元は事件発生から10年もの月日が流れても判明することはありませんでした。

身元の特定

2018年11月30日、滋賀県警は被害者をの野洲市(やすし)に住む男性(当時39歳)であると特定したと発表します。

DNA鑑定や遺族への聞き取り調査の結果、身元や顔の特徴も遺体も一致したのです。

また、県警が運転免許の非更新者から所在不明者を探し出したところ、1〜2年前に男性の存在が浮上してきます。

別の遺体切断事件で起訴されていた被告人男性と知人同士であったことから、県警は被告から何らかの事情を聞くとして捜査を進めています。

それとは別に、この事件に関する虚偽通報があったそうです。

虚偽通報とは

真実でないことを、まるで真実かのように嘘をつくこと。

事実ではない事件を事実かのように警察に通報することを虚偽通報と呼ぶ

2008年7月11日、大阪府泉佐野市の41歳無職の女が逮捕されました。

女は交際相手に腹を立て、交際男性をこの事件の容疑者に仕立て上げるような通報を警察にしたそうです。

その後、女は軽犯罪法違反(虚偽申告)の疑いで書類送検されました。

関連記事

※オカルトオンライン:心霊スポット記事

オカルトオンライン:心霊スポット記事

琵琶湖バラバラ殺人事件

オカルトオンライン:心霊スポット記事
オカルトオンライン:オカルト記事

未解決事件「ピル治験女性バラバラ殺人事件」の全容

まとめ

以上が琵琶湖バラバラ殺人事件です。

琵琶湖には夏になると地元民などが集まってBBQやら水浴びなどのアウトドア関係でたくさん訪れるそうです。

そんな人に人気の場所でいきなり人間の「足」や「手」などが漂流してきたら怖くて仕方がないですよね。

日本ではそのような状況に居合わせるのは滅多にありませんが、実際にこのような事件が一度その場で起きていると考えると恐怖で仕方ないですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。