今、外国の観光客から注目されているある島があります。その島は東京都に属していますが、決して都会ではありません。太平洋に浮かぶ火山島の「青ヶ島」で、絶海の孤島という言葉がぴったりの場所です。

火山島に人が住んでいる…という場所は決して珍しいものではないのですが、この青ヶ島の凄いところはただの火山島ではないというところです。世界でも珍しい「二重カルデラ」の中に集落がある!神秘的でゾクゾクする青ヶ島はどんな島なのでしょうか。

画像 Wikipedia

 

カルデラってそもそもなに?

 

カルデラとは、火山が噴火した後にできる円形のくぼみの事です。大規模な火山の噴火でマグマだまりのマグマが外に排出されると、マグマだまりに空洞ができます。その空洞が陥没してできるのがカルデラです。カルデラ自体は決して珍しいものではなく、熊本県の阿蘇や北海道の摩周湖などもカルデラです。陥没したところに水が溜まると摩周湖のようなカルデラ湖になりますし、水がたまらずに陸として残ると阿蘇のような外輪山に囲まれた土地が生まれます。

カルデラの形成には火山と火山の噴火が必要なのですが、火山は陸だけではなく海底にもあります。鬼界カルデラや姶良カルデラは海に沈む巨大カルデラです。

ですが、青ヶ島を取り上げるのはこのカルデラの中でもレア度が高い「二重カルデラ」と呼ばれるカルデラ!この神秘の島の珍しいところは二重カルデラの中に集落があって人が住んでいるというところなんです。

国土交通省「国土画像情報(カラー空中写真)」(配布元:国土地理院地図・空中写真閲覧サービス)https://commons.wikimedia.org/wiki/File:%E9%9D%92%E3%83%B6%E5%B3%B6.jpg

 

青ヶ島は今から3000年前の巨大噴火で今の形になったといわれています。1785年には噴火が発生して避難が間に合わなかったため130人もの島民がなくなるという悲劇も起こりました。そして、一度は市無人島になったわけですが、また、青ヶ島に戻って生活を始めて今に至ります。

近年の火山活動は穏やかなようですが、カルデラの中に集落が…というか火口に住んでいるようなものですから、そう考えるとちょっとぞくっとしてしまいます。ちなみに青ヶ島には砂浜はなく50メートルから200メートルの段階に囲まれていて、船着場のとても小さく島の周囲の道は自転車上るのは難しいといわれるほど急峻です。

厳しい自然に囲まれた青ヶ島は、いつから人が住むようになったのか解っていない島でもあります。古い資料では青ヶ島に関係する記録のほとんどが海難事故などだそう。昔は女人禁制だった時代もあるそうですが、最も人口が多かった記録は明治14年の人口754人でした。それから人口は減り続けていますが、無人島にならずに今に至っています。

 

参考資料 気象庁ホームページ

青ヶ島ってどんなところなの?

青ヶ島は、東京都ですが東京の都心からは358.4km南方の海の真ん中に浮かぶ島です。日本で一番人口が少ない村で、一番近い八丈島からも68kmも離れています。アメリカの観光保護NGOの記事やスミソニアン博物館が青ヶ島を紹介したことで今、世界的に注目されています。

 

もうかなり前の事ですが、アイドルグループのメンバーが番組の企画で青ヶ島を訪れていたこともありました。

青ヶ島は写真を見たら解る通り、ちょっと地理が好きという方なら「あ、火山だ」と解るくらい火山らしい形をしています。人口は175人で最高標高は423 mですが、島のほとんどが断崖絶壁で上陸も容易ではありません。

海面から顔を出している部分は423mですが、海底からの高さだと1000メートルを超える 大きな火山です。その一部が顔を出しているということです。もし、海底火山ではなくて陸にある1000メートル級の火山だったら、カルデラの中に集落ができるということはなったかもしれません。

青ヶ島には地番がなく、住所は東京都青ヶ島村と氏名のみです。これで郵便物がちゃんと配送されるそうです。

 

参考資料

青ヶ島村 ホームページ

 

青ヶ島が人を引き付けるのはなぜ?

東京都にありながら、絶海の孤島の青ヶ島ですが今、世界中から注目されています。二重カルデラという珍しい地形や、メディアで取り上げられたことももちろんその大きな理由ですが、青ヶ島の魅力をさらに高めているもの、それは「アクセスの悪さ」にあるのではないでしょうか。

青ヶ島に行く方法は、八丈島からのフェリーやヘリコプターです。フェリーは就航率がとても低く、海が荒れると出航できません。一度、海が荒れると一週間決行することも珍しくなので、なかなか行けないし、一度上陸したらなかなか帰れないのです。もう一つのほうほうのヘリコプターですがね座席は9つだけ。そして、今、青ヶ島が注目されている影響で一か月以上先の予約も埋まっているそうです。

なかなか行けない…ということはそれだけレア度が高いということ。その行きにくさがより青ヶ島に人が注目する理由になっているようにも思えます。

そして、青ヶ島の大きな魅力。それは、満点の星空です。近くに光源がないので真っ暗な太平洋の真ん中で満点の星空を見ることができるのです。青ヶ島の名産品の青酎という焼酎は超がつくレアものです。

まとめ

海に囲まれた絶海の孤島…神秘的で上陸することも難しい東京都の島です。世界的にも珍しい、二重カルデラの火山島は、今、その神秘的な魅力で世界中から注目されています。

 

海難事故や噴火など、悲しく悲惨な歴史を持つ青ヶ島ですが写真や動画を見ているだけでも不思議と引き付けられるものがあるという方が多い秘境です。二重カルデラの中に作られた世界でも珍しい青ヶ島村…もしかするとすごいパワースポットなんじゃないかと思ってしまいます。

[amazonjs asin="4802201184" locale="JP" title="絶海の孤島 増補改訂版 (驚愕の日本が、そこにある)"]

ライター
Miiko  福岡県在住フリーライター
https://twitter.com/wakaba_2501