人気の占術のひとつ"タロットカード"についてはオカルトオンラインでも意味をご紹介してきました。

【タロットカードでこのカードは要注意!タワーのカード】【タロットカードの"死神"は怖いだけのカードじゃなかった?!】

などなど、タロットカードはとても奥深くて面白い占術です。一枚一枚のカードにたくさんの意味があって、全体的なカードの配置などから意味を読んでいきます。

今までは死神のカードやタワーのカードなど、あまり良くない意味を持つカードをピックアップしてきたのですが、今回はタロットカードの中で"最もいいカード"と言われている"世界"のカードをご紹介します。

▶本気で当たる占い体験をしてみたい方はコチラをクリック

タロットカード"世界"のカードとは

 

画像引用:パメラ・コールマン・スミス (-1951) - Holly Voleyによる1909年版のスキャン画像。ファイルは http://www.sacred-texts.com/tarot/ より(下部 NOTE 節を参照)。en:File:RWS Tarot 21 World.jpgより移入。, パブリック・ドメイン, リンクによる

タロットカードの世界(THE WORLD)は、カードの番号は21で、大アルカナの中の一枚です。世界という名前ですが、宇宙を表すカードでもあり、そして、正位置の場合、タロットカード72枚の中で最もよい意味を持つカードとされています。

世界"THE WORLD"の意味

世界のカードには

正位置・・・成就、完成、完全、総合、完遂、完璧、攻略、優勝、パーフェクト、コングラッチュレーションズ、グッドエンディング、完全制覇、完全攻略、正確無比、永遠不滅

逆位置・・・衰退、堕落、低迷、未完成、臨界点、調和の崩壊

引用:世界(タロット)Wikipedia

という意味があります。

正位置の場合、タロットカードの72枚の中で最も良い意味をもつカードですが、逆位置の場合は注意が必要です。

正位置の場合は、大きな目標の達成、成功や繁栄を表しています。ですが、逆位置の場合は、未完成なものや、行き詰まり、手遅れといった意味になります。逆位置の場合は物事が進展しなくってしまう暗示ですから、解決策を練る方がいいでしょう。

正位置の意味がとても良いだけに、逆位置で現れた世界のカードはよくないという表裏一体な一面を持つカードです。正位置の意味がとても良いので、オカルトオンラインで紹介したお守りタロットにもオススメできるカードです。

世界のカードのイラストは、月桂樹と女性、そして天使です。

自然の力を享受して成功を収める・・・良い意味で物事が解決することを意味します。世界のカードに描かれている人物が女性か男性か・・・に関してはいろいろな説があります(男性という説、両性具有説)いずれにしても、正位置なら「何を占っていたとしてもGOOD」と思ってよいカードです。

恋愛を占って世界が出たら?

タロットカードで占われることが多いのが恋愛・・・ですが、世界のカードが正位置で出た場合は、その恋愛が上手くいくという結果を意味しています。

正位置であれば、意中の相手と結ばれる、両思い、素晴らしいパートナーとの出会いや幸せな結婚などを意味します。

逆位置の場合は、恋愛が成就しないとか、大きな障害、発展しない恋愛という意味があるので相手との関係やアプローチの方法を考えた方がいいでしょう。ダラダラといつまでも結果が出ない、なれ合いの関係を続けるだけの恋愛や、結婚というゴールにたどりつけない恋愛を暗示するのが世界のカード・・・。ですから逆位置で出やすいので注意したいですね。

まとめ

タロットカードの中で最も良い意味を持つとされているのは世界のカードの正位置です。

月桂樹に囲まれた人物が描かれており、正位置の場合はどんなことを占っていたとしても"良い結果"を暗示しています。72枚あるタロットカードの中で一番良いのは世界の正位置と言われています。

ですが、逆位置の場合は意味が反対になってしまうので注意が必要。

恋愛なら、ダラダラしていつまでも結果が出ない不毛な恋愛や、なれ合いの関係。行き詰まった関係などを意味しています。いいカードではありますか、逆位置の場合でも吉というわけではありません。

正位置の意味がタロットカードの中でもナンバーワンですから、お守りタロットにするのもオススメです。

参考資料:世界のタロットカードから、重大な意味を読み解こう!

世界 (タロット) - Wikipedia