オカルトオンラインでも度々ご紹介してきたテーマの"韓国"そして"李氏朝鮮"をここで一気にまとめて行きます。

これからも、このカテゴリーの記事を追加していく予定ですので是非、お楽しみに!!

 

李氏朝鮮時代の記事

 

李氏朝鮮時代の朝鮮半島は、今では考えられないようなことが常識としてまかりとおる時代でした。衣食住、そして、奴隷制…。さらに、伊藤博文を暗殺した安重根についての記事や島根県の竹島を奪う時に韓国がした蛮行についてもご紹介しています。

李氏朝鮮時代の朝鮮半島の真実とは? ~衣食住編~

 

李氏朝鮮時代、1392年から1910年までの朝鮮半島にあった国です。この時代のことを北朝鮮では「朝鮮封建王朝」と呼び韓国では「朝鮮王朝」と呼ばれています。

『朝鮮紀行 英国婦人の見た李朝末期/イザベラ・バード』という本の中に記述されている李氏朝鮮時代の朝鮮半島には、染色技術がなく人々はみな真っ白な衣類を着ていました。そして、長男を生んだ女性は胸があらわになったチョゴリを着ていて、その状態で生活をしていました。

インフラも貨幣もほとんどない状態で果ては人糞をつかったトンスルというお酒まであったそう…。決して学校では教え得られない韓国の歴史・・・。食事中には見ないほうがいいかもしれません。

 

李氏朝鮮時代の朝鮮半島の真実とは? ~奴隷制と近親相姦~

 

李氏朝鮮時代の朝鮮半島には、奴隷身分の人、そして白丁という差別を受けている人たちがいました。なぜ奴隷が生まれるのか…それは試し腹という慣習のせいで生まれた子供が奴隷として一生を送ったという背景があったともいわれいます…。

 

こういった奴隷性や差別の歴史は世界史でも教えられませんし、韓国人のほとんどが認めない黒歴史です。決してヘイトスピーチなどではなく歴史的な事実としてこういうことがあり、そして、日韓併合で日本がこうした文化を正したのです。

李氏朝鮮時代の朝鮮半島の真実とは? ~領土編 竹島であったこととは?~

 

領土問題で揺れる島根県の小さな島、竹島・・・。は、歴史的にみても日本の固有の領土です。ですが、今は韓国が武力で不法占拠しています。

なぜ、不法占拠だといえるのか…それは、韓国が竹島を奪う時に領民を拿捕して、中には殺害された日本人もいるからです。日本と韓国は隣国ですが、韓国は竹島を武力で奪って今のなお占拠している状態です。竹島で何があったのかをこの記事でご紹介しています。

李氏朝鮮時代の朝鮮半島の真実とは? ~伊藤博文暗殺の真実~

 

日本の初代総理大臣の伊藤博文を暗殺したのは韓国人の安重根です。

安重根は伊藤博文を暗殺したことで、今の韓国では英雄としてあがめられていますが、実は、安重根は皇室に対して敬意をもっていたこと。そして、明治天皇が進める日韓併合に強烈に反対していたから伊藤博文を暗殺したのです。

そして、安重根が伊藤博文を暗殺したことで日韓併合の賛成派が優位となり、日韓併合が行われました。つまり、日韓併合は国際法上違法だというのであれば、安重根を英雄だとするのはかなり矛盾しているということになります。

 

韓国についての記事

 

【近日公開予定】  韓国人にだけ見られる「火病」

 

突然怒り出す…韓国人にだけ見られる火病についてご紹介しています。火病とはどんなものなのか、そしてその原因はなんなのでしょうか。

【近日公開予定】  韓国が認めない?!徴用工問題の歴史的事実とは?

韓国人が認めたくない歴史のひとつ…徴用工問題ですが、ほとんどの労働者は自由契約だったこと。そして、日本人と同じだけの給与が支払われていたのがその真相です。

なのになぜ、いまだに裁判をしているのでしょうか。

【近日公開予定】  従軍慰安婦問題の真実!慰安婦は実は高給取りだった

 

平和の少女象なるものを世界中に設置して韓国が主張する慰安婦問題ですが、実は高いお給料をもらって性サービスをしていた女性の事で、決して性奴隷などではありませんでした。

慰安婦問題については、朝日新聞も事実誤認を認めています。

まとめ

歴史問題やGSOMIAで揺れる日韓関係が今、ニュースでも話題になっていますが、正しい歴史が語られる機会は多くありません。

この記事を通して、日本と韓国の正しい歴史を知った上で隣国"韓国"とのお付き合いのしかたを考えていきたいものです。