神秘のベールに包まれた古代都市を一目見ようと、世界中から数多くの観光客が足を運んでいます。

古代インカ帝国の遺跡と言われる「マチュピチュ」は、南米ペルー・アンデス山脈の麓にあります。標高約2400mに位置し、山裾からは確認できないことから「空中都市」とも呼ばれます。1983年には、「クスコ」と共に世界遺産にも登録されました。「マチュピチュ」を造った目的は、残念ながらいまだ解明されていません。神殿や住居、広場などを備えた「マチュピチュ」は、インカ人が離れて以来、1911年にハイラム・ビンガムに発見されるまで、何百年間も廃墟と化していました。神秘のベールに包まれた古代都市を一目見ようと、世界中から数多くの観光客が足を運んでいます。「ワイナピチュ」は「マチュピチュ」を見守るようにそびえ立つ山。上からはマチュピチュ」の都市全体を見渡せます。険しい道のりを越えた先には、言葉にならないほどの絶景が待ち受けていますよ!ご自身の体力と相談の上、可能であればチャレンジしてみてくださいね。
マチュピチュ ペルー、 [map lat="-13.163141199999998" lng="-72.5449629" width="800" height="600"]