ワイオミング・フロンティア刑務所

ワイオミング・フロンティア刑務所
ワイオミング・フロンティア刑務所

敷地内に黒い影の幽霊が出現するそうです。

ワイオミング・フロンティア刑務所は1901年12月に建設された。ここには、わずか14歳の若さでパイに毒薬を仕込み父親を殺害した少女が収容されていた。彼女は「なぜ父親を殺害したのか」と問われた時、「パイを作っている最中、無性に人を殺したくなった。その気持ちは抑制できなかった」と語ったといいます。まるで何かに突き動かされるように殺人を実行したわけである。合計250人の受刑者が亡くなったと言われている施設だが、実際に死刑で死亡した人数は14人だと言われている。刑務所は地下牢、独房監禁等がありホラースポットとしては抜群の怖さを醸し出している。体罰を行う部屋もあり、当時は鉄棒に巻きつけられた受刑者がゴム管で何度も叩きつけらていたそうです。[cc id=5875]

アメリカ合衆国 ワイオミング州、ローリンズ[map lat=”41.7910697″ lng=”-107.2386627″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。