ビリスカ斧殺害ハウス

ビリスカ斧殺害ハウス
ビリスカ斧殺害ハウス

現在は宿泊できるようになっているが、2014年に宿泊した超常現象研究家が自分自身を刺して負傷した。

1912年6月10日にジョシュアとサラ・ムーア及び4人の子供と居合わせた2人の計8人が斧で撲殺されたにも関わらず、事件が未解決のままとなった為。[cc id=5875]

アメリカ アイオワ州 ビリスカ 508E 2番 通り 508 E 2nd Street, Villisca, Iowa[map lat=”40.9307219″ lng=”-94.9733075″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。