金神社

金神社
金神社

金神社のご利益は財力を授かれることです。

金神社のご利益は財力を授かれることです。渟熨斗姫命を祭神としている神社になりす。五十瓊敷入彦命の妻です。垂仁天皇の第1皇子の五十瓊敷入彦命は陰謀にはめられて、この場所で討たれたそうです。そのため妻の渟熨斗姫命はこの場所で五十瓊敷入彦命の霊魂を慰めることに勤めたといいます。渟熨斗姫命は自身の財産を投げ打ってでもこの地域を発展させたといわれている事から、金神社は財をもたらしてくれる神社として知られています。鳥居にはだいたい赤を使う神社が多い中、財力の神様というだけあって金神社の鳥居は金色になっています。かなり珍しいですよね。岐阜県に来た時はこの金色の鳥居をくぐり、そして本殿でお参りしてたっぷりの財力のご利益を授かってください。 [cc id=5873]

岐阜県岐阜市金町5-3 [map lat=”35.41629810000001″ lng=”136.75720090000002″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。