日本一の高低差があるといわれているのが称名滝

立山連峰を水源としていて、日本一の高低差があるといわれているのが称名滝です。浄土宗を開いた法然が称名念仏を聞いたと言われる伝説のスポットになります。滝や池など水場というものはエネルギーがたくさんありますが、その分悪い霊も多いと言われています。そのためパワースポットとしてあまりおすすめできない所もありますが、称名滝はそういった悪いものは感じられず、繊細なエネルギーを感じられる場所になっています。悪い霊など微塵も感じさせないようなスポットとして有名です。まるで龍が天まで駆け上がるような滝の姿を見ることができ、力と癒しをもらえるパワースポットなります。
富山県中新川郡立山町芦峅寺 [map lat="36.57530560000001" lng="137.61385969999998" width="800" height="600"]