搭のへつり

搭のへつり
搭のへつり

成績の向上や記憶力アップ、商売繁盛などのご利益があります。

会津鉄道の搭のへつりという駅から歩いて5分ほどのとこにあるのが搭のへつりです。100万年あまり、風化と侵食を繰り返された事により自然の渓谷ができました。全長はおよそ200メートルもあり断崖になっています。なぜ搭のへつりという名前がついたかというと、方言が深く関係しているらしいです。福島でへつりというのは川にそった険しい断崖という意味があるそうで、そこからこの名前がついたと言われています。吊り橋を渡ると岩に作られたお堂があります。坂上田村麻呂が建てたといわれるこのお堂の中には虚空像菩薩があり、虚空のような広く大きな知恵と功徳をもたらしてくれると言われています。虚空像菩薩には成績の向上や記憶力アップ、商売繁盛などのご利益があります。また悩んでいる人を救ってくれる力もあると言われているので、不安な事がある人は1度心を浄化しに行ってほしいパワースポットです。 [cc id=5874]

福島県南会津郡下郷町弥五島字下タ林 [map lat=”37.2739744″ lng=”139.9053001″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。