商売繁盛や五穀豊穣などのご利益

宇和島藩家老の山家清兵衛公頼を祀っている神社です。山家清兵衛公頼は伊達政宗の家来だったようで、政宗の長男が宇和島に移されるのに伴い家老として支えた人物になります。宇和島は領主の悪い政治によって疲れ弱っていましたが、公頼が産業振興を行い効果を上げたと言われています。しかし反対派の企てによって公頼とその息子は殺害されてしまいます。これが「和霊騒動(山家清兵衛事件)」になります。するとその後に殺害に関わった人が次々と変死したそうです。公頼の祟りだと恐れられました。そこで公頼の怒りをおさめるために「山頼和霊神社」を建てたのが和霊神社の始まりだそうです。
愛媛県宇和島市和霊町1451 [map lat="33.2297113" lng="132.5655994" width="800" height="600"]