道後温泉のお湯を石にかけてお願いするとその願いが叶うそうです。

行ってみたい温泉地として必ず名前があがる道後温泉には本館の脇に「玉の石」といわれる丸い石が納められています。歴史が始まる前にこの国を作るために大国主命と少彦名命が旅をしたそうです。丁度愛媛にさしかかった時に少彦名命が病気になってしまいました。その時この地の温泉に入ったところあっという間に元気になり石の上で踊ったそうです。その石というのが本館にある玉の石になります。道後温泉のお湯を石にかけてお願いするとその願いが叶うそうです。少彦名命の病気を治したお湯でもあるので病気平癒のご利益を得ることができます。
愛媛県松山市道後湯之町5-6 道後温泉本館敷地内 [map lat="33.8520076" lng="132.7864296" width="800" height="600"]