弥生土器発見者で後に帝国大学理科大学(東京大学)教授の坪井正五郎が、先住民族の住居跡で、それはコロポックルであると主張していた。日本の先住民族は小人で、それは小人である、ということです。実際、人の住居としては小さい。

吉見百穴は、今から古墳時代後期の横穴墓群とされています。
埼玉県比企郡吉見町大字北吉見327[map lat="36.0392159" lng="139.4212064" width="800" height="600"]