大杵社の大杉

大杵社の大杉
大杵社の大杉

樹齢は1000年以上ともいわれていて、そのパワーに触れれば色んな願いが叶う

大杵社というのは由布院にある神社です。由布院には宇奈岐日女神社があり、その末社になるのが大杵社です。末社のためか普段は大杵社には誰もいないそうです。この大杵社でぜひとも見てほしいのが大杉です。根元の周囲は13メートルを超えていて、高さは38メートルもあるというとても大きな杉の木になります。御神木としての杉の木としては大分では1番ですし全国でも2番目の大きさを誇っています。その大杉の根元には広い空洞があり、その中に神様の像が祀られています。直接見るととても神秘的な姿です。大杉のそばにいるだけでマイナスイオンをたっぷり浴びることができ、周囲にパワーが満ち溢れているのがわかります。樹齢は1000年以上ともいわれていて、そのパワーに触れれば色んな願いが叶うそうです。由布院は観光地としてもとても有名な場所ですし、大杵社の大杉のパワーをもらいに1度行ってみてはいかがでしょうか。 [cc id=5875]

大分県由布市湯布院町川南753 [map lat=”33.249477500000005″ lng=”131.3560996″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。