宇宙から正体不明の物体が現在、地球に接近している。

同機関の専門家が確認した物体は、「WT1190F」と名付けられ、大きさは最長部分で2メートル程度。観測データから推測されるWT1190Fの質量は、通常の隕石よりはるかに小さく、中空の物体と考えられることから、打ち上げロケットの上段部分かその一部の可能性があるという。
宇宙[map lat="38.8881601" lng="-77.0198679" width="800" height="600"]