ロバート人形に敬意を払わず写真を撮ったりバカにすると不幸が訪れるとか。

ロバート人形が作られたのは1904年のこと。当時この辺りをおさめていた大地主オット家で一人の使用人がクビになりました。怒った使用人が腹いせに、オット家の長男ロバートに「不幸になれ」と呪いをこめた人形を送り付けたのが全ての始まりでした。その後、ロバートは精神を病んだようになり、暴力的なふるまいを見せ始めました。苦しんだ末ロバートが亡くなると、残された人形は屋敷の中で様々な怪奇現象を引き起こし、処分に困った家主が美術館に送ってきたのです。
アメリカ・フロリダ州キーウエストのイーストマーテロ博物館[map lat="24.5523486" lng="-81.7548532" width="800" height="600"]