サンアントニオの踏切

サンアントニオの踏切
サンアントニオの踏切

車が揺さぶられる、子供の声やささやきが聞こえてくるそうです。

1938年にスクールバスが踏切内で立ち往生し列車が突っ込んで子供たちが全員死亡したという事故が起きているそうです。12歳~18歳の少年少女たちを乗せたスクールバス踏切内で立ち往生し、列車が衝突し26名全員死亡た。遺体はバラバラになり踏切の付近一帯に散乱していたと言う。この現場に車を停めると、無数の小さな手に車が押される感じがするといわれ、手形が多数つくのだと言います。また、走っていても車が揺さぶられる、子供の声やささやきが聞こえるなどのと言われています。 [cc id=5875]

2902 Shane Rd, San Antonio, TX [map lat=”29.314805″ lng=”-98.44092″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。