木の精霊が猟犬の幽霊が出現する。手が毛むくじゃらの移民がいて、捕えられて呪われる。

広大な湿原には無数の樫の木が生え茂っており、雑誌には「この森の木々は、武装した無数の腕が通り過ぎようとする魔女の髪の毛を引っ掴むかのように見える」と記述されています。野生動物でさえ踏み込めないような荒れた森林地帯は、誰にも邪魔されることなく、より一層、鬱蒼とした外観になっています。地元では、木の精霊が猟犬の幽霊を使って、夜に侵入してくる者を排除するという説が伝えられています。
イギリス Wistman's Wood, Devon. National Nature Reserve [map lat="50.576170899999994" lng="-3.9611311000000002" width="800" height="600"]