演出家のタイーロフの未亡人であるアリーサ・コーネンの幽霊が廊下に現れる。

演出家のタイーロフが創設したこの室内劇場は、1950年代に建て替えられ、その結果、建物の新築部分は、使徒ヨハネ教会の墓地の場所に造られた。タイーロフはすでに故人だったが、その未亡人である同劇場のプリマ、アリーサ・コーネンは、心の中で劇場を呪い、亡くなった。
Pushkinskaya Ulitsa, 27, Vladivostok, Primorskiy kray, ロシア 690091[map lat="43.11571370000001" lng="131.9002639" width="800" height="600"]