幽霊屋敷(Nha Ma)

幽霊屋敷(Nha Ma)
幽霊屋敷(Nha Ma)

強い怨霊がいるようで、取り壊しを行おうとすると関係者には不幸が起こるという…。夜の廃墟はかなり雰囲気があり、若干ついている蛍光灯の光が不気味さが増す。また、夜この廃墟で写真を取ると、心霊写真が撮れるらしい。写真にはオーブのようなものがうつるようで、これは怨霊の仕業か?若者の間では、肝試しとしても有名な場所である。

ベトナムとブルガリアの間で協定を結び、ベトナム側はブルガリア大使館の建物とブルガリア大使公邸の建設地として、ハノイ市の一等地であるキマムー通り300番地の土地を供与。その後建設工事を行い、事務室やプール、庭などを併設し建設が完了したものの、ブルガリア側はこの建物の当初の目的のように使用する必要がなくなったとしてそのまま放置され。長きにわたり放置されてしまったために、「幽霊がいる」と噂が立ち、さらに取り壊しが検討されたがその度に関係者に不幸が連続。さらに、この建物の門の前に停まっていた車から刺殺体が発見された。噂が噂を呼び、多くの人が線香を焚いて供養するようになったのである。 [cc id=5873]

300 Kim Ma St., Ba Dinh Dist. Ha Noi [map lat=”21.0311872″ lng=”105.81751740000001″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。