門田稲荷神社は別名縁切稲荷。榎木稲荷、伏見稲荷と並ぶ日本三大縁切稲荷のひとつ。白い服を着た女性の霊が現れる、夜中に藁人形を木に打ち付けている人がいるなどの噂がある。

「死ね死ね死ね死ね」と書き殴られたもの、憎む相手の写真を切り裂いて貼ったものなどの絵馬が多い。人間の怨念が渦巻く場所であるため、霊が集まってくると言われている。
栃木県足利市八幡町387