函館山の山道を通ると「!マーク」の看板が貼られた木が道のど真ん中に生えています。函館山は観光スポットでもあり山頂へ向かうときに普通にすれ違う程度ですので大きな影響があるとかではないですが、直接触れてはいけないと地元の方が良く言います。夜に山道を走るといきなり姿を現すのでゾクっとします。

道路工事の際に切ろうとした作業員や関係者の多くが事故や病気など何らかの理由により死亡したことから、結果切られずに道路にたたずむ形で放置されたと言われています。
北海道函館市函館山