ガーナ森

noimage

ガーナ森に近づく人は、悉くガーナに呑み込まれ帰れなくなってしまうという言い伝えがあるという。

かつてガーナと呼ばれる怪物が村を襲ってた。村人たちは鎌や棒を持って立ち向かったが、抵抗むなしくガーナを止めることをできなかった。神様が空から大きな岩をガーナに向けて落とし、岩でガーナの動きを封じ、ガーナはそのまま死に絶えたと言うこと。大きな口を開けたガーナは、やがてそのまま小さな森になったといわれている。村人はその森をガーナ森と呼ぶようになった、といった言い伝えがあるとのこと。[cc id=5872]

沖縄県那覇市古波蔵1丁目19?9[map lat=”26.1999197″ lng=”127.68886840000002″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。