船岡山

船岡山

誰もいないところで足音だけがついてくるという噂がある。

かつて保元の乱の後、敗北した源為義とその子供たちが処刑された場所。応仁の乱でには西軍を率いる備前国守護の山名教之や丹後国守護の一色義直らが船岡山に船岡山城を建築して立て籠もった場所であるという。1984年には、警ら中の警察官が襲われ殺害されるという事件が起こったり、首吊り自殺が多発している場所だとも言われている。[cc id=5874]

京都府京都市北区紫野北舟岡町[map lat=”35.0371586″ lng=”135.7418587″ width=”800″ height=”600″]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。